媚薬トピック

イランイランってよく聞くけど媚薬なの?

イランイランってよく聞くけど媚薬なの?

花の一種であるイランイランは、アロマオイルの中でもメジャーな香りのもの。中でも有名なイランイランの効果の一つとして、“催淫効果”があるというのはよく聞く話です。
とはいえイランイランの香りを嗅ぐだけで本当に催淫効果が得られるのか…?というのは気になるところ。
そこで今回は、イランイランの成分およびその効果は媚薬と同程度なのか、という点にクローズアップします。効果的な使用方法についてもご紹介しますので、すぐにでも試すことができますよ。

イランイランとは

イランイランとは?
イランイランはバンレイシ科の植物で、原産地であるフィリピンをはじめとして主に熱帯地方に自生しています。ピンクや紫といった花も咲かせますが、メジャーなのは黄色い花。
その豊かな香りからアロマオイルとして主に使用されており、香水の原料としても世界中で親しまれています。

アロマオイルの効能として皮脂の調節や収斂効果があることから、ヘアケアやスキンケアなどにも一般的に使用されているようです。
自分はもちろん相手の女性の夜のケアに使うことで、イランイランにあるとされる催淫効果で自然と女性を「その気」にさせるきっかけになるかもしれません。

専属ライター・前田まなみ
専属ライター・前田まなみ
イランイランはアロマとしての知名度の方が高い印象で女性の美容やリラクゼーションに一役買いそうですね。

イランイランの媚薬としての効果は?

催淫効果

イランイランが媚薬として効果があるといわれているのには、催淫効果があるという点が挙げられます。
というのも、イランイランに含まれている成分の一つである酢酸ベンジルが催淫効果を持っており、イランイラン自体の催淫効果のほとんどは酢酸ベンジルの特性なのです。一種のフェロモンのようなものと考えてよいでしょう。

この催淫効果は古来より知られており、イランイランが自生しているインドネシアでは新婚の二人のベッドにイランイランの花びらをまき散らすという慣習まであるといいます。

興奮することで分泌される男性ホルモンの一つであるテストステロンの分泌にも働きかけるという説もあり、テストステロンの分泌によって興奮を感じることに繋がるということも期待できます。

リラックス効果

イランイランに含まれる“リナロール”や“βカリオフィレン”といった成分は鎮静や抗不安、精神安定などの効果があります。
副交感神経を優位に働かせることで、気持ちをリラックスさせてくれるというものです。

緊張が強いとそもそものガードが堅い上に、中々興奮できないという女性も多いもの。まずはリラックスできるムード作りが大切です。イランイランの甘い香りに包まれた雰囲気の中でリラックスさせることで、自然と興奮してしまうような状態になるでしょう。

イランイランは男性の機能回復にも?

男性の機能回復にも?
イランイランには、男女ともにホルモンバランスを整える効果があります。
とくに生殖器系のトラブルや不調に働きかけてくれるため、男性の機能回復にも効果が期待できるというものです。
治療とまではいかないものの、軽度であれば改善が見込めるかもしれません。

勃起が持続しにくいというのは自分の体の問題だけでなく、気持ちの問題やセックスの相性というものも関係してくるものです。イランイランによっていつもと違う雰囲気やセックスの盛り上がりを感じられることで、普段は気になる精力も普段より増してくれるかと思います。

管理人・浅井
管理人・浅井
勃起力改善で怪しいペニスサプリを使用する前に男性もイランイランを使用してホルモンバランスを整えたり、リラックス効果を得たりという方法もありかもしれないです。

効果的なイランイランの使用方法

お部屋で芳香浴

芳香浴とは、アロマオイルの香りを部屋などの空間に拡散することで香りを楽しむ方法です。“浴”という字があるために勘違いされやすいのですが、お風呂で楽しむのとはまた別物です。

部屋での芳香浴では主にアロマディフューザーなどを用いて香りを部屋に充満させます。
とはいえアロマディフューザーがあるという人も多くはないかと思いますので、簡単な方法としてはマグカップを用いた方法がおすすめです。
方法としては、温かいお湯を入れたマグカップにイランイランを数滴垂らすだけ。アロマディフューザーと比べると拡散力は劣りますが、アロマは香りの好みも分かれやすいので最初はマグカップでほんのりとした香りで試してみるのも十分かと思います。

バスタイムで雰囲気づくり

お風呂という狭い空間では、温度も相まって香りが感じられやすくなります。
イランイランをお風呂で楽しむ方法としては、浴槽にアロマオイルを入れるというもの。

しかしここで注意してほしいのは、直接アロマオイルを浴槽に垂らさないこと。
というのもアロマオイルも油の一種。水と油ではしっかりと混ざり合わないため、アロマオイルそのままの部分は濃度が高く危険です。
マッサージオイルとしても使われるホホバオイルなどといったキャリアオイルに混ぜてから浴槽に入れたり、バスソルトに混ぜてから浴槽に入れたりすることをおすすめします。

マッサージオイルとして

ホホバオイルなどにイランイランを混ぜることで、マッサージオイルとしても活用できます。
女性へのマッサージの際にイランイランを含むオイルを使用することで、女性も興奮によってムズムズしてしまうこと間違いなしでしょう。そのままセックスに持ち込むことも難しくありません。

より効果を得ようとイランイランの量を増やしてしまうと、濃度が高いために体に害を与えてしまいます。香りが強すぎても不快になってしまいますし少量でも効果は得られますので、オイルとイランイランの割合は厳守しましょう。

香水代わりに

イランイランを垂らしたハンカチを胸ポケットに入れたり、イランイランを混ぜたオイルを首筋に軽く塗るなど、香水代わりとしても活用できます。
濃厚なオリエンタル系で男性用の香水を考えるとそれなりに甘い香りになりますので、イランイランをノートに含む香水などでなくイランイランのアロマオイル単品を使用する場合は控えめに付けましょう。

イランイランを使用するときの注意

イランイランのアロマオイルを使用するのに気を付けたいのは、直接体に塗らないこと。アロマオイルは凝縮されているものなので、そのままだと濃度が強すぎて皮膚や体に害があります。アロマディフューザーを使用したりオイルで薄めたりといった使い方をしましょう。

催淫効果に加えて通経作用(生理不順の改善および子宮内のものを外に出す効果)もあるといわれているため、妊娠中の女性への使用は控えましょう。

まとめ:イランイランは媚薬と同等とは言い切れない

まとめ:イランイランは媚薬と同等とは言い切れません
イランイランには催淫効果があり、甘く濃厚な香りもあることから雰囲気づくりにも十分役に立ってくれるでしょう。女性をリラックスさせてガードを緩めた上で、セックスをしたくなるような気分を促すというわけです。

しかし即効性や強い効果があるのかと言われると、媚薬と同等とは言い切れません。媚薬の効果も人それぞれではありますが、より強い興奮を得たいのであれば媚薬がおすすめです。

イランイランの使用方法としては、比較的既に距離の近い相手に対しての方が使いやすいという面があります。
そのため「不特定多数の女性にモテたい」「香りなどでバレたくない」という場合にはこちらの媚薬『ドロップEX(Drop-EX-)』が確実です。

お酒やジュースに入れなくとも、香水のように身にまとうことでフェロモン香水のような役割で不特定多数の女性にアプローチしてくれます。
『ドロップEX(Drop-EX-)』について詳しくは、こちらの記事を参照してみてください。

ドロップEX(Drop-EX-)
ドロップEX(Drop-EX-)は女性が多い職場で効果を発揮する媚薬媚薬を探してるけど使ったことをバレたくない、不特定多数の女性にモテたい、簡単に扱える媚薬はどれ?なんてことを思ってる方は今回ご紹介するドロップEX(Drop-EX-)がおススメです。...
売れ筋媚薬ランキング
売れ筋の人気媚薬ランキング|2020年9月10日集計