媚薬トピック

女性用バイアグラと媚薬の違い

女性用バイアグラと媚薬の違い

日本国内では男性用のバイアグラは一般的に販売されている一方、“女性用バイアグラ”というのはあまり見かけませんよね。そもそも“女性用バイアグラ”とはどのような効果があるのでしょうか?今回は、女性用バイアグラの効果や副作用、入手方法についてご紹介していきます。
媚薬との効果の違いについてもお伝えしていきますので、自分に合うのは女性用バイアグラと媚薬のどちらなのかを選ぶ参考にしてみてくださいね。

広告
フェロモン香水・F for Men

女性用バイアグラとは?どんな種類がある?

まずは女性用バイアグラについてご紹介します。
女性用バイアグラと一口に言っても種類があり、代表的なものは二つあります。

ラブグラ

ラブグラ
女性用バイアグラの一方は、「ラブグラ」という名称で知られているもの。
こちらは通常の男性用バイアグラと同様の、“シルデナフィル”が有効成分として配合されています。女性向けに開発されたこちらのラブグラは、男性用と配合量が違うようです。

「男性用バイアグラと同じ成分でも効果があるの?」と思う方もいるかと思いますが、バイアグラの製造元であるファイザー社はバイアグラを女性に投与する実験において同様に「感度を上げる」「イキやすくなる」効果を得たといいます。とはいえまだ研究途中であり100%その結果を保証するものではないといいます。

血管を拡張し女性器周辺の血行を良くすることで、性的な刺激が受けやすくなるという仕組みなのです。

フリバンセリン

フリバンセリン
女性用バイアグラのもう一方は、「フリバンセリン」という名称で知られているものです。
当初は抗うつ剤として開発されたのですがその効果はいまいちで、性欲に携わるドーパミンやノルアドレナインに関与することから女性用バイアグラとして改めて発表されました。

ドーパミンやノルアドレナインといったものが分泌されることにより、女性器そのものというよりかは快感を脳に働きかけるというわけです。
バイアグラも当初は狭心症の治療薬として開発されるうちにED治療薬としての効果が確認されたのと同様ですね。

結論、女性用バイアグラは所謂「不感症」のような症状のある女性の悩みを解決し、「いつもと同じ刺激でも濡れやすくなった」「なんだか敏感に感じてしまう」「普段よりもイキやすくなった」という結果を得られるのです。

専属ライター・前田まなみ
専属ライター・前田まなみ
「ラブグラ」と「フリバンセリン」は名前は聞いたことあるけど、媚薬とは違って治療薬というカテゴリーなんですね。

媚薬と女性用バイアグラの違い

媚薬については飲むタイプや塗るタイプ、嗅ぐタイプなど種類は様々ですが、基本的な効果に大きな差はありません。

媚薬における一番の効果は、催淫効果による性的興奮でしょう。「どうしてもムラムラしてしまう」「セックスがしたくなる」、セックス中には「いつもより何だか興奮しちゃう」といった効果です。
これによって感度が高まったりイキやすくなったりということにもつながるわけです。

一方女性用バイアグラの効果としては、催淫効果は期待できません。
実際にED治療薬である通常のバイアグラも、催淫効果によってムラムラすることで勃起するわけでなく、体の血管を拡張し巡りを良くすることで海綿体の血管も拡張され勃起を補助しているんですね。女性用のバイアグラも同様です。

そのため、期待するような催淫効果はバイアグラにはないといえますね。
催淫効果や興奮作用があるとすれば、血管の拡張や巡りが良くなることによる火照りや動悸だったり、「濡れている」ことを自分で実感することでより興奮が高まったりというところでしょうか。あくまでもバイアグラは治療薬というわけです。

専属ライター・前田まなみ
専属ライター・前田まなみ
媚薬は催淫効果があるけど、女性用バイアグラはあくまでも治療薬ということなんですね。
管理人・浅井
管理人・浅井
そうだね、使う用途や相手によって媚薬なのか女性用バイアグラかなのかをしっかり判断する必要がありそうだね。

副作用はないの?

セックスに悩みを持つ女性にとっては画期的ともいえる女性用バイアグラですが、その一方で副作用も問題となっています。
代表的とされる副作用には、極度の眠気および低血圧、嘔吐、失神などが挙げられます。アルコールとの服用や他の薬との飲み合わせにも制限があり素人判断での服用は危険といえるため、必ず医師の判断のもとでの服用が必要といえます。

女性用バイアグラは日本でも買える?

そんな女性用バイアグラですが、実は現在日本では未承認なのです。そのため、病院などでの処方も行っていないんですね。

ネットでも購入できるサイトもあり主にネットでは「ラブグラ」が流通していますが、日本では未認可のためこちらは海外製品となります。商品が届かない、説明がわからないといったこともありますが、偽物が届いた場合にも判断のしようがないために安全の保障ができかねます。

「じゃあセックスの悩みは何で解決したらいいの?」というところでご紹介したいのが、日本製の媚薬です。
女性用バイアグラに限らず媚薬についても安全性から個人輸入はおすすめできないのですが、「エロティカセブン」「ドロップEX(Drop-EX-)」「ラブショット」などは販売元も日本の企業なのでサポートもしっかりされているようです。
詳しくはこちらの「飲む媚薬」について掲載されています。

飲む媚薬で売れている商品
飲む媚薬で売れている商品飲む媚薬(液体タイプ)で売れている商品をご紹介しています。飲む媚薬は媚薬の種類の中でも効果は最強です。絶対に落としたい女性には飲む媚薬が絶対にオススメ!...

その他にも不感症や濡れにくい体質改善に有効とされている「濡舞妓」なども女性ユーザーの購入が多くオススメです。

濡舞妓(ぬれまいこ)
濡舞妓は女性のスケベ心を引き出す塗る媚薬。使い方、口コミ、プチ体験談を紹介女性を失神するぐらいイカせてAV男優のような気分を味わいたい方のために、塗る媚薬「濡舞妓」の詳細や使い方、メリット・デメリットも含めて詳しくご紹介いたします。...

まとめ

女性用バイアグラと媚薬の大きな違いは、催淫効果の有無でした。
女性用バイアグラにも興奮効果がないのかといわれると否定はできませんが、こちらはあくまでも治療薬です。
日本ではまだ未承認ということもあり、安全性からも安易に海外からの個人輸入に手を出すのはおすすめできません。

「濡れにくい」「感じにくい」のは、自分の体だけの問題じゃない可能性も考えられます。
パートナーとの相性はもちろんのこと、いつもと違う気分や環境によってもしかしたら改善ができるかもしれません。
セックスに悩みがあるのであれば、まずは日本製の媚薬を試してみると良いのではないでしょうか。

売れ筋媚薬ランキング
売れ筋の人気媚薬ランキング|2020年11月6日集計